【案内】小説『エクストリームセンス』について

 小説『エクストリームセンス』は、本ブログを含めていくつか掲載していますが、PC、スマフォ、携帯のいずれでも読みやすいのは、「小説家になろう」サイトだと思います。縦書きのPDFをダウンロードすることもできます。

 小説『エクストリームセンス』のURLは、 http://ncode.syosetu.com/n7174bj/

2009年12月11日金曜日

Open Knowledge System

 ブログを始めたことによって、このような仕組みを組織内で日常的に活用したら、いろいろな用途に役立つだろうと考えるようになりました
 一方、流麗なシステム開発の上流工程を考えていると、とにかく実践がしたくなります。もちろん、会社では仕事として上流工程を行っていますが、もっと自由に、好き勝手にトライしたいのです。となると、プライベートなシステム開発のテーマが欲しくなります。
 以上から、Open Knowledgeというシステムを考えました。ずばり、Wikipediaのパクリです。


 Open Knowledgeを開発する目的は、システム開発の方法論に関する実験検証と、どうせ作るのなら役に立つものを、というふたつです。
 ブログがそうであるように、経験、思想、知識等をオープンにすることには意味があります。しかし、今回の開発目的からするとブログは規模が大きく思えるので、簡易的なWikipediaがいいだろうという結論にいたったのです。
 *この段階で、VP(情報化構想立案)、SP(システム企画) の2工程が終了しました。予算とスケジュールはOpen Knowledgeにはありません。システム開発のライフサイクルについては、「流麗な上流工程の研究(メモ)」の「ライフサイクルとWBS」を参照してください。


 Open Knowledgeの開発過程は、随時、本ブログで紹介していく予定ですが、本日は要件開発工程に入ったOpen Knowledgeのコンテキストモデルをご紹介します。 
 御覧のように、非常にシンプルです。 knowledgeという概念を含めているのは、Knowledgeが問題領域の中心であり、その取り扱い方法を規定するのがOpen Knowledgeというシステムであることを明確にするためです。
 目的には、「完成したOpen Knowledgeが果たすべきこと」が記述されています。開発手法の実験という目的は、いうまでもなく「完成したOpen Knowledgeが果たすべきこと」ではありません。
 
続く…

0 件のコメント:

コメントを投稿