【案内】小説『エクストリームセンス』について

 小説『エクストリームセンス』は、本ブログを含めていくつか掲載していますが、PC、スマフォ、携帯のいずれでも読みやすいのは、「小説家になろう」サイトだと思います。縦書きのPDFをダウンロードすることもできます。

 小説『エクストリームセンス』のURLは、 http://ncode.syosetu.com/n7174bj/

2010年1月7日木曜日

Twitterより

-----------------------------------------------------
全社のシステムを運用管理する立場にいると、利害関係者間の意見が対立する場面によく遭遇します。よくあるケースは、全体最適と部分最適や、トップダウン要求とボトムアップ要求のトレードオフです。
-----------------------------------------------------
例えばセキュリティ。簡単にいえば、ユーザーは好き勝手にPCを使いたい。一方、管理側はガバナンスやコンプライアンス上のリスクをコントロールしたいと考えます。この場合、規制が弱ければ業務の柔軟性は高まりますが、リスクのコントロールは下がり、規制を強めれば逆の結果となります。
-----------------------------------------------------
トレードオフの関係が成り立つ時は、対立を構成する要素の一つひとつの価値よりも、それらのバランスが重視されます。そして、そのバランスに利害関係者が合意できれば、全体として価値を共有できたことになります。
-----------------------------------------------------
私が重視するバランスとは概ねこのようなことであり、中立というようなことを意味するものではありません。利害関係者の合意があれば、左に寄ることも右に寄ることもあるということです。そして、合意形成はオープンな場で行われるべきだと考えます。
-----------------------------------------------------
我が社では、現在クラウドの導入にあたり社内の合意形成を進めています。具体的には、Salesforce CRMをカスタマイズして導入する計画です。
-----------------------------------------------------
対象となる問題領域のシステム化にあたって、私が約1年前に見積もった手組みの場合の開発費は、約2000万円です。この当時は、RFPを私が作り、複数社からプロポーザルを受けることを考えていましたので、その後、要件開発を私が行いました。その結果を受けての見積は、約1600万円です。
-----------------------------------------------------
これに対して、salesforce.comのパートナー企業が提出した初期費用(私の見積額約1600万円に相当する部分)は約650万円です。世界的にシュアされた資産を利用するのですから、手組みと勝負にならないことは予想していましたが、これほどの価格差は驚きを感じました。
-----------------------------------------------------
では、維持費用はどうなるのか? 手組みの場合は、VMにシステムをパッケージ化し、自社運用する想定でしたので、外部コストはほとんど0になる見込みです。クラウドでは、年間約500万円の維持費用がかかります。となると、2年目以降の累積投資額はクラウドの方が高くなります。
-----------------------------------------------------
さて、手組みとクラウド(salesforce)、どちらを選択するか? 最も私が重視したのは柔軟性と拡張性です。Salesforce CRMは、導入後自由にカスタマイズすることができます。というよりも、開発環境と実行環境がセットになったものです。
-----------------------------------------------------
ですから、要件の変更にも、新たな要件による新規のアプリケーション開発も、社内で対応できますから外部コストを極小化できます。ただし、このコスト圧縮効果を定量的に測定することは難しいです。適当なシナリオを与えても、結局は確立の範囲を超えることはありません。
-----------------------------------------------------
ここは、定性的な理解を社内で共有することと、導入後、システム部門が継続的に価値を提供することができれば、きっと我が社の利害関係者は、このIT投資案件に満足を得るはずです。
-----------------------------------------------------
現在の私の予測として、Salesforce CRMという開発と実行のプラットフォームは、情報集約型の業務であればほとんど対応できると思っています。逆、フローを重視する業務では適用が難しいかと…
-----------------------------------------------------
Salesforceがシステム障害を起こしたニュースは既に承知していますが、私が管理するシステムも、業務を数時間にわたって止めたことが数回あります。システム障害を0にすることは不可能であり、一定のリスクは容認しなければなりません。そして、全体としてのバランスをとるのです。
-----------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿